お買い物かご  ホーム 
Share
ホーム » 製品 » 定番銘菓 » 非時香菓(ときじくのかぐのこのみ) «前 次» 

非時香菓

(ときじくのかぐのこのみ)

由来


栗ころ(小豆餡・白餡)
お菓子の祖といわれる田道間守命(たじまもりのみこと)が垂仁天皇の命を受けて、不老不死の理想郷「常世(とこよ)の国」で求め歩いた「非時香菓(ときじくのかぐのこのみ)」。『時を選ばず(非時)香る果物』という意味とされ、一説には「橘」の実であったとされます。栗、梅、金柑(金橘)をおいしくお召し上がり頂ける焼饅頭をご用意致しました。

青梅・金柑

こちらでは本店で販売している製品をご案内しております。 直営店・販売店によっては販売していない製品もございます。 販売店に関してはお気軽にお問い合わせください。
(画像をクリックすると、大きく表示されます)

非時香菓 栗ころ
  4個入
粒の栗が丸ごと入った、焼き饅頭です。白餡のものが2個、小豆餡でシナモンをかけたものが2個入っています。
(寸法:70x220x40 mm)  1本 594円(税込)

非時香菓 詰合 栗ころ・青梅金柑
  8個入
非時香菓 栗ころと非時香菓 青梅金柑の詰め合わせです。
(寸法:145x230x56 mm)  1箱 1,350円(税込)

非時香菓 青梅金柑
  4個入
クッキーのような生地で包んだ梅餡の種抜きの梅の甘露煮と、桃山生地で包んだ黄身餡の種抜き金柑の甘露煮の焼き饅頭が2コずつ入っています。
(寸法:70x220x40 mm)  1本 594円(税込)
こちらでは本店で販売している製品をご案内しております。 直営店・販売店によっては販売していない製品もございます。 販売店に関してはお気軽にお問い合わせください。
(画像をクリックすると、大きく表示されます)