備前屋 沿革:創業天明二年 備前屋

お買い物かご  ホーム 
Share
ホーム » ご案内 » 会社沿革 «前 次» 

備前屋 沿革

天明二年
初代備前屋藤右衛門、岡崎宿伝馬町に菓子舗を創業。
寛政十二年
銘菓「きさらぎ」発売。二代 藤右衛門、三代 藤右衛門、四代 勝次郎、五代 勝次郎。
明治初年
銘菓「あわ雪」発売。
明治45年
六代 勝次郎、店舗改築。
昭和2年
七代中野竹次
昭和18年
戦争の為、一時休業。
昭和20年
戦災で店舗焼失。
昭和22年
店舗再建開業。
昭和27年
合名会社 備前屋 設立。
昭和38年
八代 中野敏雄
昭和45年
本社工場建設。
昭和56年
根石工場建設。
昭和59年
本社社屋及び店舗改築。
平成2年
根石工場増設。
平成7年
Web開設、通販開始。